お宮参りに行くときは思い出に写真を撮ろう│プロカメラマンに依頼

髪型に注意しよう

カメラ

証明写真は日常生活で写真を撮る時と違い、スマホの写真では目立たない些細な部分が想像以上に目立ったりすることがあります。髪の毛に注意を払い、暗い印象を与えないような髪型にするといいでしょう。

もっと見る

家族で撮影

子供

七五三は現代では、毎年10月中旬~11下旬にかけて行われています。子どもの成長をお祝いする日本の伝統的な風習となっています。子どもの成長を祝うと同時に家族の一生の宝物になるような思い出の家族写真なども撮影することができます。

もっと見る

日本の文化的な行事

赤ちゃんと女性

日本の文化的な行事として自分の子どもが健康に育ち、末永く幸せな人生を送れますようにと神様にお祈りするお宮参りというものが存在します。お宮参りの時期は地方によってやや変わりますが、大体男の子が31日目で女の子は32日目に、お宮参りをするのが一般的といわれています。赤ちゃんがしっかりと成長することを願い、お参りしたいのですから、31日前後の天気がいい日や家族の都合がいい日にお参りするといいでしょう。お宮参りの写真の撮影方法についてなのですが、写真館やプロカメラマンに撮影してもらう方法があります。撮影方法は自分の希望に合わせてくれるお店に依頼するようにしましょう。例えばプロのカメラマンにお宮参りで写真を撮ってもらう場合は、出張記念写真を撮ることが出来ます。写真館と違い、自然体な赤ちゃんを写真に収めることが可能です。参拝するところで撮影できるので、写真館に行く手間を省くことができます。
様々な業者が出張撮影をしてくれるので、インターネットを利用して、出張撮影サービスを行っている業者を探してみましょう。スタジオなどで撮影を行う場合最低でも30000円前後の値段がかかってくることを覚えておいてください。プロカメラマンに写真を撮ってもらう場合は時間制になっており、60分につき撮影代金と商品代を含めて約15000円~30000円くらいだといわれています。出張撮影は、カメラマンが撮影現場まで行くための交通費も別でかかってくることもありますので、あらかじめ依頼する業者に総額がどの程度になるかをしっかり確認しておくと良いでしょう。

思い出の一枚

スタジオ

七五三をするなら大阪のフォトスタジオに行きましょう。人生で一度しかない三歳、五歳、七歳の瞬間をちゃんとした衣装を着て特別な瞬間を写真に収めることができます。フォトスタジオで写真を撮れば、子どもとの思い出の一枚になること間違いなしです。

もっと見る