髪型に注意しよう|お宮参りに行くときは思い出に写真を撮ろう│プロカメラマンに依頼

お宮参りに行くときは思い出に写真を撮ろう│プロカメラマンに依頼

髪型に注意しよう

カメラ

証明写真は免許証やパスポートで使います。自分の素性や権利などを証明してくれる役割を持っている免許証やパスポートに使うので、証明写真の写りはできるだけ良くあって欲しいと考える方も多いでしょう。普段の写真では気にならない洋服や髪型は証明写真で撮るとガラリと印象が変わることもあります。洋服や髪型で印象がガラリ変わるということは、それを改善することで綺麗な写りにさせることも可能なのです。ということで、証明写真を撮る上で注意することを紹介してみたいと思います。
最初に注意しておきたいポイントは前髪です。日常生活の中で、前髪を鏡で見た時に気にならなくてむしろ良い感じだと思うこともあるでしょう。前髪は結構重めが好きで自分の好みの重めの前髪で証明写真を撮ったとしても、かなり暗い印象を与えてしまう可能性があります。実際、表情を変えながら鏡を見る時と、無表情で証明写真のような静止画で見る自分の印象というのは全然違います。前髪の重さでやや暗い印象を与えてしまうので注意しましょう。暗い印象を与えないような前髪にしたい時は、でこの半分は出すようにしましょう。証明写真ではややエアリー前髪も避けたいところです。写真を撮る時、光の影響で浮いた前髪の影響で影ができることもあるので注意しましょう。髪をダウンスタイルにする場合は、肩の前に下ろした髪の毛が左右対称的な印象を与えるかどうかを意識して下ろすようにしてください。場合によっては下ろした髪の毛のパサつきなどが目立つこともあるので毛先にも注意を払いましょう。